とらじろうの 「 おもろな 橋の端 」 でごゆっくり ここは  の個室
  ←全幅 [最大化]→ にして、文字のサイズは[中]でご覧ください。画面のバランスが悪い時は[Ctrl]キーを押しながらスクロールホイールをどちらかに回してみてください。  
     ※ すべての写真はクリックで拡大表示されます。写真が読み込れるまでしばらくお待ちください。   をクリックすると橋リストに戻ります。
     おねがい : 画像にキャプションは付けていないので文中の〔写真1〕〔写真2〕…などは画像をポイントして表示される「〇〇橋1」「〇〇橋2」…に読みかえてください。
  有名な橋、名もない橋、知らず知らずに走り去っている橋、立ち止まって橋の「端」を見てみると… ヘェー! アッソ?
  名張とその周辺の橋、その端を見て回るとこうでした  

    【 覗の谷橋 】     
〔137〕 覗の谷橋 (橋) のぞきのたにはし    (川) 覗の谷川 のぞきのたにかわ    (架橋年月) 平成7年6月    (撮影) 120821.15:40 頃


   〔 この橋はここ(三重県津市美杉町太郎生)に架かっています→ 地図 へ 〕  
 「覗の谷橋」は検索でも地図サイトでも見当たらず位置の特定に困っていましたが、「三重県地図情報サービス」さんの地図に表示されていて助かりました。
川も「覗の谷川」というそうでこの谷をどこかから覗いたらいい景色なのかもしれない。
〔写真1〕は右岸から南向き。〔写真2〕は左岸から北向きで、前方左の橋まで少し距離があるがNo.136下太郎生橋だ。
〔写真3〕は覗の谷川の上流を、〔写真4〕は下流を見た。



橋の端の個室へお越しいただきありがとうございました。ご感想を[ げすと ]ボタンでどうぞ!
     

 

 

inserted by FC2 system