とらじろうの 「 おもろな 橋の端 」 でごゆっくり ここは  の個室
  ←全幅 [最大化]→ にして、文字のサイズは[中]でご覧ください。画面のバランスが悪い時は[Ctrl]キーを押しながらスクロールホイールをどちらかに回してみてください。  
     ※ すべての写真はクリックで拡大表示されます。写真が読み込れるまでしばらくお待ちください。   をクリックすると橋リストに戻ります。
     おねがい : 画像にキャプションは付けていないので文中の〔写真1〕〔写真2〕…などは画像をポイントして表示される「〇〇橋1」「〇〇橋2」…に読みかえてください。
  有名な橋、名もない橋、知らず知らずに走り去っている橋、立ち止まって橋の「端」を見てみると… ヘェー! アッソ?
  名張とその周辺の橋、その端を見て回るとこうでした  

    【 新昭和橋 】     
〔114〕 新昭和橋 (橋) しんしょうわばし    (川) 名張川 なばりかわ    (年月) 昭和57年12月    (撮影) 110828.18:00 頃


   〔 この橋はここ(名張市上長瀬)に架かっています→ 地図 へ 〕  
 上長瀬の名張川にかかる橋。このすぐ下流に吊り橋〔写真4〕があり橋名が表示されていないが「昭和橋」だそうな。(リンクの地図で知った)
その吊り橋(No.113)が老朽化したのでこの橋が架けられてこの名前になったのだろう。
〔写真1〕はR368から、〔写真2〕はその向こうの橋の端の左岸から見たもの。
〔写真3〕は右岸から名張川上流を眺めた。
たいていの橋は橋の端に立つ四つの柱が同じ形をしているが、この橋の柱、右岸と左岸で形が違うのは何か意味があったのだろうか?



橋の端の個室へお越しいただきありがとうございました。ご感想を[ げすと ]ボタンでどうぞ!
     

 

 

inserted by FC2 system