とらじろうの 「 おもろな 橋の端 」 でごゆっくり ここは  の個室
  ←全幅 [最大化]→ にして、文字のサイズは[中]でご覧ください。画面のバランスが悪い時は[Ctrl]キーを押しながらスクロールホイールをどちらかに回してみてください。  
     ※ すべての写真はクリックで拡大表示されます。写真が読み込れるまでしばらくお待ちください。   をクリックすると橋リストに戻ります。
     おねがい : 画像にキャプションは付けていないので文中の〔写真1〕〔写真2〕…などは画像をポイントして表示される「〇〇橋1」「〇〇橋2」…に読みかえてください。
  有名な橋、名もない橋、知らず知らずに走り去っている橋、立ち止まって橋の「端」を見てみると… ヘェー! アッソ?
  名張とその周辺の橋、その端を見て回るとこうでした  

    【 家野橋 】     
〔105〕 家野橋 (橋) いえのはし    (川) 名張川 なばりかわ    (年月) 昭和38年6月 架設    (撮影) 110312.17:00 頃


   〔 この橋はここ(三重県名張市家野⇔薦生)に架かっています→ 地図 へ 〕  
 名張川を跨ぐこの橋を渡って家野地区に入ると抜け道がないようです。
他所の家に入っていくようで気がひけるが、橋の両端は写した。
県道80号線にある〔写真6・7・9・10〕の家野口バス停付近から家野に向いたのが〔写真1〕で、〔写真2〕はその逆の名張川右岸から。
橋上から上流を見た〔写真3・4〕では古い潜水橋の残骸らしきものがある。〔写真5・8〕は逆の下流前方左岸に料理旅館「平井亭」が見える。




橋の端の個室へお越しいただきありがとうございました。ご感想を[ げすと ]ボタンでどうぞ!
     

 

 

inserted by FC2 system