とらじろうの 「 おもろな 橋の端 」 でごゆっくり ここは  の個室
  ←全幅 [最大化]→ にして、文字のサイズは[中]でご覧ください。画面のバランスが悪い時は[Ctrl]キーを押しながらスクロールホイールをどちらかに回してみてください。  
     ※ すべての写真はクリックで拡大表示されます。写真が読み込れるまでしばらくお待ちください。   をクリックすると橋リストに戻ります。
     おねがい : 画像にキャプションは付けていないので文中の〔写真1〕〔写真2〕…などは画像をポイントして表示される「〇〇橋1」「〇〇橋2」…に読みかえてください。
  有名な橋、名もない橋、知らず知らずに走り去っている橋、立ち止まって橋の「端」を見てみると… ヘェー! アッソ?
  名張とその周辺の橋、その端を見て回るとこうでした  

    【 宮橋潜水橋 】     
〔081〕 宮橋潜水橋 (橋) みやはしせんすいきょう    (川) 名張川 なばりがわ    (年月) ?年?月    (撮影) 090914.16:10 頃


   〔 この橋はここに架かっています→地図へ 〕  
 名張川に架かる夏見橋(No.002)のすぐ上流にあるが、注意して探さなければ見当たらない木製の流れ橋。上流に比奈知ダムが建設されてからは流れることが少なくなったかもしれない。
〔写真1・2〕は左岸の中川原側から。〔写真3〕のワイヤーの片端は岸の大木の幹に結ばれていた。
積田神社の境内奥から少しはずれた上流に架かかっている〔写真4・5・6〕。
〔写真7〕は左岸へ下る民家の間の狭い(約1m?)坂道、〔写真8〕は上り。
右岸の赤坂側から見れば〔写真9~12〕、〔写真13~14〕は下流、〔写真15〕は上流を見る。

橋の端の個室へお越しいただきありがとうございました。ご感想を[ げすと ]ボタンでどうぞ!
     

 

 

inserted by FC2 system