とらじろうの 「 おもろな 橋の端 」 でごゆっくり ここは  の個室
  ←全幅 [最大化]→ にして、文字のサイズは[中]でご覧ください。画面のバランスが悪い時は[Ctrl]キーを押しながらスクロールホイールをどちらかに回してみてください。  
     ※ すべての写真はクリックで拡大表示されます。写真が読み込れるまでしばらくお待ちください。   をクリックすると橋リストに戻ります。
     おねがい : 画像にキャプションは付けていないので文中の〔写真1〕〔写真2〕…などは画像をポイントして表示される「〇〇橋1」「〇〇橋2」…に読みかえてください。
  有名な橋、名もない橋、知らず知らずに走り去っている橋、立ち止まって橋の「端」を見てみると… ヘェー! アッソ?
  名張とその周辺の橋、その端を見て回るとこうでした  

    【 鳴海橋 】     
〔080〕 鳴海橋 (橋) なるみばし    (川) 宇陀川 うだがわ    (年月) ?年?月    (撮影) 090817.18:30 頃


   〔 この橋はここに架かっています→地図へ 〕  
 この橋は鳴海大橋(No.079)のすぐ上流に架かっていて、農道の橋〔写真10〕のようだ。
国道165号線の道の駅「宇陀路室生」から150mほど桜井寄りを左へ下ったところが〔写真1・3・4〕で、突き当りのすぐ右手に「海(かい)神社」〔写真8〕がある。 〔写真2〕に彫られている文字は「村中 氏子安全」。
〔写真5〕は〔写真4〕の右手の柱で宇陀川左岸から。〔写真6・7〕は右岸からR165に向く。
〔写真9〕の碑は「海神社」の鳥居の前の道路向かいにある。

橋の端の個室へお越しいただきありがとうございました。ご感想を[ げすと ]ボタンでどうぞ!
     

 

 

inserted by FC2 system