とらじろうの 「 おもろな 橋の端 」 でごゆっくり ここは  の個室
  ←全幅 [最大化]→ にして、文字のサイズは[中]でご覧ください。画面のバランスが悪い時は[Ctrl]キーを押しながらスクロールホイールをどちらかに回してみてください。  
     ※ すべての写真はクリックで拡大表示されます。写真が読み込れるまでしばらくお待ちください。   をクリックすると橋リストに戻ります。
     おねがい : 画像にキャプションは付けていないので文中の〔写真1〕〔写真2〕…などは画像をポイントして表示される「〇〇橋1」「〇〇橋2」…に読みかえてください。
  有名な橋、名もない橋、知らず知らずに走り去っている橋、立ち止まって橋の「端」を見てみると… ヘェー! アッソ?
  名張とその周辺の橋、その端を見て回るとこうでした  

    【 日の谷橋 】     
〔040〕 日の谷橋 (橋) ひのたにはし    (川) 滝川 たきかわ    (年月) ?年?月    (撮影) 071117.16:20 頃


   〔 この橋はここに架かっています→地図へ 〕  
 〔写真1〕滝川に架かる橋、この日は閉鎖されていたので向こうの端が見られなかった。

この橋のたもと右岸上流側に造られた赤目日の谷温泉の「温泉スタンド」は、蛇口が2基設けられ24時間自由に温泉を汲むことができる。
地下200メートルから湧き出している泉温は19℃の単純放射能冷鉱泉で、効能書きが表示されている。
桧の丸太2本で支えられた屋根があり周りに植えられた若いカエデが美しく紅葉していた。





橋の端の個室へお越しいただきありがとうございました。ご感想を[ げすと ]ボタンでどうぞ!
     

 

 

inserted by FC2 system