とらじろうの 「 おもろな 橋の端 」 でごゆっくり ここは  の個室
  ←全幅 [最大化]→ にして、文字のサイズは[中]でご覧ください。画面のバランスが悪い時は[Ctrl]キーを押しながらスクロールホイールをどちらかに回してみてください。  
     ※ すべての写真はクリックで拡大表示されます。写真が読み込れるまでしばらくお待ちください。   をクリックすると橋リストに戻ります。
     おねがい : 画像にキャプションは付けていないので文中の〔写真1〕〔写真2〕…などは画像をポイントして表示される「〇〇橋1」「〇〇橋2」…に読みかえてください。
  有名な橋、名もない橋、知らず知らずに走り去っている橋、立ち止まって橋の「端」を見てみると… ヘェー! アッソ?
  名張とその周辺の橋、その端を見て回るとこうでした  

    【 若宮橋 】     
〔036〕 若宮橋 (橋) わかみやはし    (川) 竜口川 りゅうぐちがわ    (年月) ?年?月    (撮影) 71028.12:30 頃


   〔 この橋はここ(奈良県宇陀市 室生龍口⇔室生西谷)に架かっています→ 地図 へ 〕  
 相当に傷んだ橋、欄干の茶色は塗装ではなく錆だ。〔写真1〕は左岸からで左の小屋はバス停待合室、突き当りにはいろんな標識がある⇒(拡大)〔写真7〕総理大臣賞受賞記念など。
〔写真2〕は右岸の上流側の端から、ガードレールは端が折れ曲がっているし、柱は2本横倒しに置かれている。まもなく架け換えなのだろう。
〔写真4〕ここも阿清水川でなくて「りゅうぐちかわ」と書いてある。
〔写真5・6〕は終点「若宮橋」バス停の待合室、凝った木材レーザー加工の入り口看板、中のベンチには座布団敷かれ花瓶に挿された真新しい花が一層温か味を添えている。

橋の端の個室へお越しいただきありがとうございました。ご感想を[ げすと ]ボタンでどうぞ!
     

 

 

inserted by FC2 system