とらじろうの 「 おもろな 橋の端 」 でごゆっくり ここは  の個室
  ←全幅 [最大化]→ にして、文字のサイズは[中]でご覧ください。画面のバランスが悪い時は[Ctrl]キーを押しながらスクロールホイールをどちらかに回してみてください。  
     ※ すべての写真はクリックで拡大表示されます。写真が読み込れるまでしばらくお待ちください。   をクリックすると橋リストに戻ります。
     おねがい : 画像にキャプションは付けていないので文中の〔写真1〕〔写真2〕…などは画像をポイントして表示される「〇〇橋1」「〇〇橋2」…に読みかえてください。
  有名な橋、名もない橋、知らず知らずに走り去っている橋、立ち止まって橋の「端」を見てみると… ヘェー! アッソ?
  名張とその周辺の橋、その端を見て回るとこうでした  

    【 丈六橋 】     
〔027〕 丈六橋 (橋) じょうろくばし    (川) 滝川 たきがわ    (年月) 昭和37年10月 架換    (撮影) 071007.14:30 頃


   〔 この橋はここに架かっています→地図へ 〕  
 弥六橋から滝川を下って近鉄の鉄橋を過ぎるとこの丈六橋になる。 なぜか「六」が続いているのには訳があったのだろうか?
〔写真1〕は左岸から東の集落を見る、向こうの端の右たもとには水神碑がある。
〔写真2〕は右岸からの眺めで向こうには田んぼが広がる。
〔写真3〕右岸から上流を見ると可動堰があり、〔写真4〕の右岸から見た下流で滝川は少し右に曲がって宇陀川の右岸に合流する。
〔写真12~15〕は安政6年11月に建立された「村中安全」の台座に座る水神さん。

橋の端の個室へお越しいただきありがとうございました。ご感想を[ げすと ]ボタンでどうぞ!
     

 

 

inserted by FC2 system