とらじろうの 「 おもろな 橋の端 」 でごゆっくり ここは  の個室
  ←全幅 [最大化]→ にして、文字のサイズは[中]でご覧ください。画面のバランスが悪い時は[Ctrl]キーを押しながらスクロールホイールをどちらかに回してみてください。  
     ※ すべての写真はクリックで拡大表示されます。写真が読み込れるまでしばらくお待ちください。   をクリックすると橋リストに戻ります。
     おねがい : 画像にキャプションは付けていないので文中の〔写真1〕〔写真2〕…などは画像をポイントして表示される「〇〇橋1」「〇〇橋2」…に読みかえてください。
  有名な橋、名もない橋、知らず知らずに走り去っている橋、立ち止まって橋の「端」を見てみると… ヘェー! アッソ?
  名張とその周辺の橋、その端を見て回るとこうでした  

    【 大手橋 】     
〔011〕 大手橋 (橋) おおてばし    (川) 城下川 じょうげがわ    (年月) 昭和5年5月 架換    (撮影) 070820.11:00 頃


   〔 この橋はここに架かっています→地図へ 〕  
 川幅3mほどの旧町内を流れる城下川に架かる橋。
総合福祉センター(旧市役所所在地)前の交差点付近にある。〔写真1〕の右前方が下流。
旧市街は城下町として栄えたところですが、名張川の水を市街地に取り込み6本に分岐させて排水路として利用し、町を取り巻くように大きく迂回してきた名張川下流へ再び排水するという特徴を持っている川でもあり水路でもあると言える。
地図上で城下川の下流が途切れてなくなっているのは道路に覆われて地下を流れているため。
この大手橋のすぐ下流では付近の住民が毎年美しい花筏を浮かべてくれます。
〔写真5〕の文字が昔を偲ばせている。 「志゛やう希゛可゛は」⇒「じやうげがは」。
〔写真6〕はこの端の柱の年月を撮り直した(071005.10:20)が、写真では判読しにくい。

橋の端の個室へお越しいただきありがとうございました。ご感想を[ げすと ]ボタンでどうぞ!
     

 

inserted by FC2 system