とらじろうの 「 おもろな 橋の端 」 でごゆっくり ここは  の個室
  ←全幅 [最大化]→ にして、文字のサイズは[中]でご覧ください。画面のバランスが悪い時は[Ctrl]キーを押しながらスクロールホイールをどちらかに回してみてください。  
     ※ すべての写真はクリックで拡大表示されます。写真が読み込れるまでしばらくお待ちください。   をクリックすると橋リストに戻ります。
     おねがい : 画像にキャプションは付けていないので文中の〔写真1〕〔写真2〕…などは画像をポイントして表示される「〇〇橋1」「〇〇橋2」…に読みかえてください。
  有名な橋、名もない橋、知らず知らずに走り去っている橋、立ち止まって橋の「端」を見てみると… ヘェー! アッソ?
  名張とその周辺の橋、その端を見て回るとこうでした  

    【 沖津藻大橋 】     
〔004〕 沖津藻大橋 (橋) おきつもおおはしばし    (川) 名張川 なばりがわ    (年月) 平成2年12月 竣工    (撮影) 070901.17:30 頃


   〔 この橋はここに架かっています→地図へ 〕  
 万葉集に 「わが背子は 何処行くらむ 沖津藻の 名張の山を 今日か越ゆらむ」 とある。これに因んで付けた名前なのだろう。
名張駅からR165と交差して百合が丘に至る途中の橋。
この橋の竣工後、この上流約100mの「名張口」バス停辺りに架かっていた橋は撤去された。
〔写真1〕は鮎で飾られた欄干の間から上流を見る。
〔写真2~3〕は右岸の端からの眺め、両サイドに広い歩道を持つ立派な橋だ。

橋の端の個室へお越しいただきありがとうございました。ご感想を[ げすと ]ボタンでどうぞ!
     

 

inserted by FC2 system