とらじろうの 「 新 館 」 でごゆっくり ここは  の部屋
          ・BGMが耳障りでしたら、左の音量か停止ボタンで操作して下さい。






















(管理者専用)


写真目次
(クリックで画像へ)
  
赤目四十八滝の「琵琶滝」
赤目四十八滝の「荷担滝」
赤目四十八滝の「布曳滝」
赤目四十八滝の「千手滝」
長谷寺の五重塔
長谷寺のぼたん
長谷寺の仁王門
長谷寺の山門
室生寺の五重塔
室生寺の石楠花
室生寺の仁王門
室生寺の太鼓橋
大だいこん
つつじが丘
積田神社
青山高原-3
青山高原-2
青山高原-1
由比SAからの富士
富士川SAからの富士
木の幹の竹
木株の木
優曇華(うどんげ)の花
多肉(?)の花
鉢植えのレモン
センサーライト
徳島珍にんじん1
徳島珍にんじん2
月下美人2
月下美人1
名張の花火4
名張の花火3
名張の花火2
名張の花火1
めだかの学校
めだかの赤ちゃん
山寺 奥の院
金乗院(奥)と性相院
開山堂の屋根と納経堂
五大堂の眼下
金乗院と胎内堂
開山堂と五大堂
百畳岩と納経堂
聖芭蕉像
山寺の仁王門
松尾芭蕉の句碑
立石寺本堂
山寺参道入り口
蔵王のお釜
山形のさくらんぼ
富士の湧き水
音止めの滝
石和町の桜並木
富士白糸の滝
テルの庭園
池の鯉
山梨県立湯博物館
館の中庭の壁画
巨大水晶原石
水晶
昇仙峡の赤い岩
石のペンダント
仙娥滝
五頭の龍神
影絵の森美術館
仙娥滝への道
横浜ベイブリッジ
月ヶ瀬梅林の紅梅
曽爾高原のススキ
高間みずべ公園
香落渓1
香落渓2
青蓮寺湖の弁天橋
青蓮寺橋
新と旧の夏見橋
夏見橋
青山高原遠景
青蓮寺湖(しょうれんじこ)
風車と夕日
ぼたん桜
新緑の曽爾高原
本栖湖の富士山
国立曽爾少年自然の家
曽爾高原とお亀池

とらじろうの フォト ギャラリー へようこそ!

何の計画性もなく気まぐれに撮ったものを気まぐれに載せています。
よろしかったら、暇つぶしに覗いてみてください。  サイズは基本的に320×240としております。


 ※ 拡大表示 整理番号が「赤字」で  枠線が「太い」ものは画像クリックで拡大出来ます。
 ※ 大きいサイズ は一部こちらの→  「かべがみ」  にもあります。
 ※ 画像表示 が  [×]  の時はその上で  「右クリック」⇒「画像の表示」  を押してみてください。
 ※ 写真目次 へは (▲) をクリックしてください。  (▲)  は右列写真の各コメント欄にあります。

== このギャラリーとは別に→「とらじろうのたっすいブログ」にも写真を掲載しています。 ==

083↑  赤目四十八滝の「荷担滝」 084↑  赤目四十八滝の「琵琶滝」
081↑  赤目四十八滝の「千手滝」 赤目四十八滝のブログ←はこちら 082↑  赤目四十八滝の「布曳滝」
079↑  長谷寺のぼたん 080↑  長谷寺の五重塔
077↑  長谷寺の山門 長谷寺のブログ←はこちら 078↑  長谷寺の仁王門
075↑  室生寺の石楠花 076↑  室生寺の五重塔
073↑  室生寺の太鼓橋 室生寺のブログ←はこちら 074↑  室生寺の仁王門
071↑  つつじが丘 (名張の展望台「ビューナ」から) 072↑  大だいこん-大根足でも負ける7.2Kg
069↑  青山高原-3 東側(白山町あたり)から 070↑  積田神社「積田神社のイチョウ」←はこちらで。
067↑  青山高原-1(名張の展望台「ビューナ」ここ から) 068↑  青山高原-2(名張の展望台「ビューナ」ここ から)
065↑  由比SA からの富士山 066↑  富士川SA からの富士山
063↑  奈良国立博物館近くの「木の幹に生えた竹」 064↑  春日大社表参道わきの「古い木株の中心に新しい木」
061↑  ウバメガシの剪定中に見つけた優曇華(うどんげ)の花 062↑  暑くても寒くても放ったらかしで毎年咲いてくれる
多肉植物(ベンケイソウ科?)の花 ミセバヤと教えてくれた
059↑  8個が実った鉢植えレモン、アップは こちらで。 060↑  センサーとライトは離したいし、ハロゲンの150Wは無駄
057↑  スーパーでは見られない珍しいにんじん(けいさん提供) 058↑  他にももっと珍しいのは「徳島珍人参」でどうぞ
055↑  一夜にして儚くしぼむ月下美人 056↑  山岡家の玄関で咲き誇る(アップはこちらで)
053↑  フツーの花火(800×600)「花火撮影術」も必見!。 054↑  夜空を彩る'06 名張川納涼花火大会でした。
051↑  名張川 新町橋の夜空に浮かぶ キティちゃん? 052↑  名張の夜空に咲いた花火日本の花火
049↑  めだかの学校はアヒルのお腹 050↑  枠内は約3mmの赤ちゃん
047↑  金乗院(奥)と性相院(手前) 048↑  山寺 奥の院
045↑  山寺随一の景観といわれる五大堂の眼下は山寺の町並み 046↑  開山堂の屋根と納経堂(五大堂)から
043↑  開山堂と五大堂(右上) 044↑  金乗院と胎内堂
041↑  俳聖芭蕉像 042↑  百畳岩の絶壁に建つ納経堂(右上)
039↑  松尾芭蕉の句碑 040↑  山寺の仁王門
037↑  山寺参道入り口 038↑ 立石寺(りっしゃくじ) 本堂
035↑  山寺の果樹園にて、6/10全般に「黄色いさくらんぼ」だが、この木だけははよく熟れていた。 036↑   蔵王のお釜雲の流れで10秒も経たないうちに見え隠れ、目から鱗が落ちた間のシャッター。
033↑  岩肌を伝い降りるかわいい滝?(富士の湧水) No.32の右に続く。  034↑  水量が多く凄まじい轟音の「音止の滝」、曽我兄弟が神に念じこの轟音を止めたという
031↑  桜の時季にはさぞ見事であろう、(左)細い川を挟んだ長い直線桜並木 032↑  数多い「白糸の滝」この滝は静岡県富士宮市のもので富士の湧き水。画面右端に続く画像はNo.33で。
029↑  「ホテル甲斐路」の庭園 030↑  めぼしい被写体もなく、ホテルの池の鯉を
027↑  新しい「山梨県立博物館」(2005/10開館) 028↑  山梨県立博物館の中庭の壁画
025↑  宝飾店の看板!巨大水晶原石 026↑  水晶は石英の結晶度の高いものらしい
023↑  巨岩、美岩がいっぱいの「昇仙峡 024↑  意外と安い!買うならこちらで知識を吸収してから?
021↑  ワックス掛けされたような岩間の「仙娥滝」、雨の中傘をさしながら撮ったので… 022↑  仙娥滝への道路沿いに五頭の龍神
019↑  館内へは入っていないがこんなところ 020↑  この先の石段を下ると仙娥滝
017 朝焼けの横浜ベイブリッジと、夜明けの「みなとみらい21  (ライブはこちら) 018↑  月ヶ瀬梅林の紅梅'06/3/14で三分咲き
かべがみ」ではほか8枚もご覧いただけます。
015↑  曽爾高原はやっぱりススキの時季が最高 016 紅葉を求めてバイクで散策、ふと「高間みずべ公園」に行き当たる
013 秋の香落渓(かおちだに) 景観上金網は?でも安全上。 014↑  見飽きることのないそそり立つ岩と紅葉、香落渓の柱状節理の奇岩のかずかず
shourennjiko1
011 弁天橋の向こうは青蓮寺ダム 012↑  青蓮寺橋、手前右には「ロマンの森」がある
009 「曽爾街道」にかかる新しい橋と古い橋、「夏見橋」 010 やがて取り壊される古い橋、 よく通っただけにちょっと寂しい思い
007展望台(ビューナ)から見た青山高原遠景、風車を収めたかったのだが遠すぎて… 008 秋の青蓮寺湖(しょうれんじこ)ぶどう狩りやいちご狩り、桜の季節も美しい
005 青山高原の風車と夕日、ライブカメラはこちらで 、 住みよい地球をいつまでも 006宇流冨志禰(うるふしね)神社近くのぼたん桜
003 新緑の曽爾高原も美しい 詳細は→「ぬるべの郷・曽爾村」 004 いい天気にめぐまれて、右上に昼の三日月も 本栖湖から見た富士山
001 奥の建物は国立曽爾少年自然の家 002 秋になるとここ一面すすきの絶景、手前は「お亀池」。「お亀の湯」もあるよ

ご来館まことにありがとうございました。またのお越しをお待ちいたしております。





inserted by FC2 system